HOTEL LIFE vol.09 箱根・強羅 佳ら久

執筆者:末良 真里奈

vol.9
箱根・強羅 佳ら久

今回は、前々から気になっていた箱根の温泉宿「箱根・強羅 佳ら久」についてご紹介します。

まず、私も初め何と読むのかわからなかったこの温泉宿の名前は「からく」と読みます。
都内から車でおよそ1時間30分。
あちこちに湯煙があがるこの箱根エリアに2020年10月にオープンしたのが佳ら久。
全70室ある客室の全てに露天温泉風呂付きという何とも贅沢な作りです。

箱根・強羅 佳ら久

エントランスからフロントまで、和モダンな作りになっており、そして解放感があるロビーエリア。

箱根・強羅 佳ら久
箱根・強羅 佳ら久

ウェルカムドリンクと茶菓子を頂きチェックインを済ませ、いよいよお部屋へ。

箱根・強羅 佳ら久

まず目に入るのが露天風呂。

箱根・強羅 佳ら久
箱根・強羅 佳ら久

緑を見ながら入る露天風呂は、最高に癒されますよね。
※ちなみに、西陽がかなり強かったのですが、ブラインドがありカバー出来る様になっています。

私が泊まったのはデラックスルーム(和タイプ)。
畳スペースもあり、快適に過ごせました。

箱根・強羅 佳ら久
箱根・強羅 佳ら久

そして女性の皆様に朗報!!
お部屋に、ナノスチーマーまで完備されていました。私も使おう使おうとは思っていたのですが、すっかりと忘れていて、チェックアウト後に思い出しました。。

更にこちらの旅館、何と言っても敷地が広大。
敷地内に、テラス、森のテラス、水のテラスがあり、自然と融合したリラックススペースが沢山ありました。

箱根・強羅 佳ら久
箱根・強羅 佳ら久
箱根・強羅 佳ら久
箱根・強羅 佳ら久

また、朝7時から夜11時までの間なら何度でも足を運べる、ゲストラウンジ。
時間帯によってケーキ、軽食、お酒、もちろんソフトドリンク、コーヒー、紅茶等が自由に楽しめる場所です。

外に出かける必要もなく、こちらに宿泊したらこの施設内だけで充分に楽しむ事が出来るのが、有難いですね。

ディナーは六つ㐂でいただきました。

箱根・強羅 佳ら久

この宿が好きになった一つの理由が、このディナーにあります。

箱根・強羅 佳ら久
箱根・強羅 佳ら久

まず、このメニューをご覧いただいてもわかるように、使用されている食材の数と、メニューが工夫されていて、どのメニューを見ても美味しそう。

そしてその期待を裏切らない、いや、むしろ期待を超えるくらい、どのお料理も美味しい。

箱根・強羅 佳ら久
箱根・強羅 佳ら久
箱根・強羅 佳ら久
箱根・強羅 佳ら久
箱根・強羅 佳ら久
箱根・強羅 佳ら久
箱根・強羅 佳ら久
箱根・強羅 佳ら久
箱根・強羅 佳ら久
箱根・強羅 佳ら久

皆さんにもどれだけ美味しかったのかをシェアしたかったので、撮影したディナーの写真、全部アップさせていただきました(笑)

写真だけ見ても美味しそうですよね?実際もっと美味しいのでぜひ、トライしに来てみてください。

二つ目の理由は、貸切露天風呂。
貸切露天風呂といっても、誰でも使える展望露天風呂もあるし、お部屋にもプライベートの露天風呂もあるし、追加でお金を払う必要なんてない。と思いますよね?私も初めそう思っていました。

檜の湯。岩の湯。シルクの湯。全部で3種類の貸切風呂があり、1時間5,000円で利用できます。予約は、お部屋のiPadから簡単に出来ます。

箱根・強羅 佳ら久
箱根・強羅 佳ら久

私は夕食後の時間に檜の湯を利用しました。

箱根・強羅 佳ら久
箱根・強羅 佳ら久

いや〜やっぱりお部屋の露天風呂とも展望露天風呂とも違う、1時間5,000円払う価値が貸切風呂にはあります。
広々としたプライベートの空間で、家族、恋人、友達とゆっくりとする時間は他の2つでは味わえません。

そして、貸切風呂内にある冷蔵庫の飲み物も無料で楽しめます。
という事で私は、この2つを湯船に浸かりながら頂きました。

箱根・強羅 佳ら久

ちなみに、京都の某ホテルの貸切風呂のお値段は、1時間19,500円。
それを思うと、佳ら久はリーズナブルに貸切風呂を楽しめると思います。

一つだけ残念だった事を述べると、次の日の朝食。
前日のディナーのクオリティーから朝食も期待をしていたせいもあったのか、かなり普通の印象でした。もしあるなら、朝食が付いていないプランで、箱根エリアの観光も兼ねて外で食べてもいいかな?と思いました。

箱根・強羅 佳ら久
箱根・強羅 佳ら久

記念に、使用したお箸を持ち帰る事が出来ます。

箱根・強羅 佳ら久

いかがでしたでしょうか?

寒い冬には、箱根の温泉宿でゆっくりと温泉に浸かり、美味しいお料理を食べて、大切な人と時間を共にする事以上に幸せな事はないと思います。
日頃の感謝を伝える機会にも、ぜひ、箱根・強羅 佳ら久を次の旅行の目的地にしてみてください。

Plofile
Hotel Ambassador
末良 真里奈
好きな時に好きな場所に旅をする。これまでに31ヶ国を訪れた、自称Travelholic(トラベルホリック=旅行中毒)。 “何が一番好き?”と聞かれたら、迷わず”旅行”と答える。
幼い頃から家族でよく海外旅行に行っていた事もあり、気付いたら旅行はわたしの人生に、不可欠なものとなっていた。
世界中を渡り歩き、気付いたら職業までもが「旅行」に関するホテル業界に。世界中から訪れる人々と交流したい、誰もが憧れる様な世界にいたい、という想いをもち、世界各国に展開している外資系5つ星ホテルに就職。京都、ロンドン、東京で約5年間の経験を積み、現在はフリーのHotel Ambassadorとして活躍中。
HOTEL LIFE 関連記事

編集部おすすめPR CONTENTS

新着記事NEWS