HOTEL LIFE vol.03 The Ritz-Carlton Nikko

執筆者:末良 真里奈

vol.3
The Ritz-Carlton Nikko

さて、今回ご紹介するホテルは私自身大好きなホテルで且つ都内から車で2時間半というちょうどいい距離。都会の喧騒から離れ、週末のリフレッシュに最適なホテルです。

こちら、リッツカールトン日光をご紹介します。

これまで国内外のリッツカールトンに宿泊してきましたが、ここはなんと世界108ヶ所ある中で、温泉を取り入れた露天風呂がある唯一のリッツカールトンなのです。

一歩足を踏み入れたらそこは別世界。優しい木目調で統一されたロビーエリアには、アート作品の数々。そこでいただくアフタヌーンティーも、マダム達に人気の様です。

今回私が滞在したのは、中禅寺湖ビューのお部屋。57平方メートルのお部屋には、充分すぎる程のウォークインクローゼットを完備。

そしてなんといっても、部屋から見えるこの景色!!

中禅寺湖と男体山が見事に融合した唯一無二の景色に、ただただ見惚れてしまいました。夏にはこちらの中禅寺湖で、SUPや水上散歩などのアクティビティーも用意されているそうで、ぜひ参加してみたいものです。

ディナーはホテル内の和食レストランにて、お寿司をいただきました。

海のないここ栃木で、こんなに新鮮なお寿司がいただけるとは思ってもいなくて感激〜〜そしてまたネタが新鮮で美味しい!

ちなみに私はここで初めて食べたトロたくにハマってしまい、それ以来どこのお寿司屋さんへ行っても【必ず】、トロたくをオーダーしています♪

食事の後は、ゆっくりと温泉へ。

中は撮影禁止の為写真はないのですが、硫黄の特徴的な香りが、外からでもふんわりと匂い、乳白色の露天風呂に入ると、出てから数時間は身体がぽかぽかになります。

さて、温泉にゆっくり浸かり、ぐっすり眠った後はおまちかねの朝食の時間です。今回は、ゆっくりとお部屋でいただきました。

見てください、この和朝食!!!

こんなにも繊細かつ一つ一つのクオリティーが高い朝食は、他にあるのだろうか。(いや、ない)
朝からお造り、ローストビーフ、モリモリのサラダに、和朝食なのにパンまで付いてきます。もう確実にランチが入るようなスペースは私にはありません。。

初めて宿泊した時からもう私はこの朝食の虜です。もうこの朝食の為だけにでも、リッツカールトン日光に来たいです。(もちろん宿泊もしたいです)
そして私は、100%和食をお勧めします。ぜひ召し上がってみてください。

ここで一つ、注意点があります。
こちら、リッツカールトン日光へ車でお越しになる際、いろは坂というかなりカーブのある坂を上がってくるのですが、日によっては霧の発生によって10m先も見えない時があります。時間に余裕をもち、坂では無理せず、安全運転を心掛けてください。

いつもホテルステイをする際には、トレーニングシューズとトレーニングウェアを確実にスーツケースに入れるのですが、100%と言ってもいい程、使用した事がありません。。

さて、そんな私が次の旅では使用する事になるのでしょうか!?

次回もお楽しみに!!

Plofile
Hotel Ambassador
末良 真里奈
好きな時に好きな場所に旅をする。これまでに31ヶ国を訪れた、自称Travelholic(トラベルホリック=旅行中毒)。 “何が一番好き?”と聞かれたら、迷わず”旅行”と答える。
幼い頃から家族でよく海外旅行に行っていた事もあり、気付いたら旅行はわたしの人生に、不可欠なものとなっていた。
世界中を渡り歩き、気付いたら職業までもが「旅行」に関するホテル業界に。世界中から訪れる人々と交流したい、誰もが憧れる様な世界にいたい、という想いをもち、世界各国に展開している外資系5つ星ホテルに就職。京都、ロンドン、東京で約5年間の経験を積み、現在はフリーのHotel Ambassadorとして活躍中。
HOTEL LIFE 関連記事

編集部おすすめPR CONTENTS

新着記事NEWS