老後マンション暮らしのメリット・デメリットは?マンションと戸建てを比較。後悔しない選択を!

ブランドコンテンツ

自分の親世代の暮らしをみていると「広い郊外の戸建てではなく、利便性の高い場所にあるマンション暮らしがよいのでは?」と考え始める人も多いでしょう。しかし、住む場所を変えたり、不動産という高い買い物をしたりするのは不安に感じますよね。

一見便利そうに見えるマンション暮らしにも、デメリットがあります。マンション暮らしのデメリットやメリットを理解したうえで、老後どのような暮らしをしていきたいのかを考えましょう。

とくに戸建てと比べてどのようなメリット・デメリットがあるのか、適切な判断ができるようそれぞれの特長を押さえておきましょう。

老後も戸建てに住み続けるメリットとデメリット

マイホームの写真

できれば、老後も慣れ親しんだ家に住みたいと思う人も多いでしょう。これから老後について考える世代は、結婚後や子どもができたときに家を買った人が多い世代でもあります。

ここでは、子どもが独立したあと、そのまま住み続けるメリット、そしてデメリットも紹介します。

老後の戸建て暮らしのメリット

老後も戸建て暮らしをするメリットは、以下の4点です。

  • 住み慣れた場所に継続して暮らせる
  • 買い換えるよりもリフォームする方が費用は安上がりで済む
  • 建物が古くなっても土地は資産として子どもたちに残せる
  • マンションのように上下階や隣接住戸などの生活音に気を遣う必要がない

老後、過ごしやすいようにリフォームしたり、子どもが独立したあとに減築したりする人もいます。住み慣れた場所で状況に合わせて、家を改築できることが戸建てのメリットです。

老後の戸建て暮らしのデメリット

老後の戸建て暮らしのデメリットは、以下の3点です。

  • 段差がある場合、老後用のバリアフリー工事に費用がかかる
  • 屋根や外壁の防水工事や塗装など経年による建物の劣化へのメンテナンスが必要
  • 戸締まりや防犯に気を遣う

戸建てのほうがマンションよりも階段など、段差が多い場合があります。足腰が悪くなってくる老後は、バリアフリー住宅にリフォームする必要性が出てくるかもしれません。

また、戸建てに住むと、屋根や外壁など長期的な修繕費用を自己責任で貯蓄する必要があります。

ほかにも、戸建てでは窓や出入りできる場所が多いため、戸締りをすべき場所が増えます。年を重ねると締め忘れることもあるため、防犯上、対策が必要な場合があることも注意しましょう。

老後マンション暮らしのメリットやデメリット

リビングルームの写真

老後にマンション暮らしをする場合、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。マンション暮らしに関するメリットは比較的よく耳にしますが、デメリットももちろんあります。

現状の暮らしと比較することで、マンションに住み替えるかの判断材料になります。ここから紹介するメリット・デメリットをよく確認し、自分にとってマンションがあうのかどうかを検討しましょう。

老後マンション暮らしのメリット

老後にマンション暮らしをするメリットには、どのようなものがあるのでしょうか。

戸建てにはない、以下のメリットが挙げられます。

  • エントランスやエレベーター、玄関など多重のセキュリティによって防犯性が高い。
  • 住戸内がフラット
  • 間取りがコンパクトで機能的
  • 生活利便性の高い場所に住むことができる
  • 管理会社に共用部分の管理や建物の修繕計画を任せることができる。

コンパクト、バリアフリー、安全面、利便性が主なメリットです。

年齢を重ねると広い場所の管理や移動が大変になります。しかし、コンパクトな生活を送ることで快適で便利な老後生活が過ごせそうですね。

老後マンション暮らしのデメリット

老後のマンション暮らしのデメリットには、以下のようなものがあります。

  • 戸建てよりスペースが限られる
  • 管理費や修繕積立金など毎月支払う負担がある
  • 隣や上下階に対して生活音に気を遣う必要がある
  • リフォームやペットの飼育など管理規約に準じる必要がある

住まいがコンパクトになるので、戸建てで使っていた持ち物を全て入れることは難しいでしょう。そのため、手元に残すものを大きく見直す必要があります。

また、建物が独立している戸建てと違い、隣接住戸や上下階の生活音が気になるかもしれません。

老後にマンション暮らしを選んでよかったこと

老後のマンション暮らしを選んでよかったこと

老後のマンション暮らしにはデメリットはもちろんありますが、メリットも多いです。

老後にマンションに引っ越した人の声として、「自分の好きな公園の近くに手軽に住み替えられたので、毎日散歩に行ける」「車の運転をしなくても楽しく暮らせる場所を選べた」などが聞かれます。

ご年配の方がマンションで生活をしていてよかったと感じることとして、他には以下が挙げられます。

  • マンションは戸建てに比べて寒さを感じにくい
  • 部屋に階段がないので、足腰に優しい
  • 戸建てのように自分たちでメンテナンスをしなくてもよい
  • マンションに引っ越すことで、物を減らすきっかけになった

元気に動けるうちに老後の生活を思い描き、住み替えの決断ができれば、マンション暮らしを選んでよかったと感じることも多いでしょう。

まとめ

戸建て暮らしとマンション暮らしのメリット、デメリットをみてきました。簡単におさらいしておきましょう。

  メリット デメリット
戸建て暮らし
  • 建物に広さがある
  • リフォームができる
  • メンテナンス費用がかかる
  • 状況にあわせてリフォームが必要
マンション暮らし
  • 利便性が高い
  • セキュリティがしっかりしている
  • バリアフリーが期待できる
  • 居住スペースが狭い
  • 生活音に気を遣う必要がある
  • 継続的な費用が発生する

老後の生活になにを重視したいのかで、メリットやデメリットが変わります。また、デメリットであっても、人によってはメリットとなるかもしれません。

これからの人生を楽しむ拠点として住まいをどうしていきたいのか。まずは、ベストな答えを一緒に探してくれる住宅のプロと一緒に検討することがお勧めです。理想の住まいで楽しい老後を過ごしていただければと思います。

多彩なニーズにお応えする 三菱地所のレジデンスクラブ

ブランドコンテンツ
ブランドコンテンツとは、ご協賛企業の商品やブランドの価値を広める優遊自適の企画広告です。

協賛企業:三菱地所株式会社