女性の50代からの生き方とは?自分と向き合って第二の人生を充実させよう

女性の50代からの生き方とは?自分と向き合って第二の人生を充実させよう

「50代からは生き方を変えたい」と思っている女性は意外と多いかもしれません。子育てがひと段落し、残りの人生を楽しみたいという思いが強まるからです。

50代の女性が素敵な生き方を目指すのであれば、じっくりご自身と向き合うことが大切となります。

今回は、50代の女性の人生が楽しくなる生き方や、50代からやるべきことについて詳しく解説します。

「素敵だな」と思える生き方を自ら選び、第二の人生を豊かなものにしましょう。

女性にとって50代はどんな時期?

女性にとって50代はどんな時期?

女性にとって50代は、老後や第二の人生について考えるよい時期です。家庭や仕事に追われパワフルに走ってきた日々からひと段落して、これから先どのような生き方をすべきか悩んでいる人もいるでしょう。

女性にとっての50代がターニングポイントである理由は2つあります。

  1. 第二の人生の始まり
  2. 老後について考えるタイミング

人生の折り返しである50代について詳しく見ていきましょう。

第二の人生の始まり

50代はこれまでの日々とは違う、第二の人生の始まりといえます。なぜなら、子育てがひと段落して自身の時間が増えてくる頃であり、仕事をしている人なら定年後の生活について考え始める時期だからです。

50歳という年齢に対し、「シニア世代の仲間入りするのか」とネガティブに捉えている女性もいるでしょう。しかし、定年後も会社に残って働き続けたり、スキルを生かしてボランティアをしたりするイキイキとした50代以降の女性は多いです。

自由な時間が増えてきた今だからこそ、自分らしい生き方を選択できます。

老後について考えるタイミング

シニアライフを現実的にイメージできるようになったいまこそ、あらためて今後の準備を開始するチャンスです。50代になると親の介護をしている人も増えてきて、当事者にしか分からない話を見聞きするようになります。

実際に、話を聞いて「何をしても楽しくない60代・70代になるかも」と不安を抱えている人もいるかもしれません。しかし、現実的な問題が見えてきたからこそ、早めに動いて対処できるのも事実です。

ご自身が置かれた状況と、今後どのように生きたいのか考えを整理しながら、理想のシニアライフに向けた準備を始めましょう。

50歳からの人生が楽しくなる生き方を紹介

50歳からの人生が楽しくなる生き方を紹介

50歳からの人生を充実させるなら、後悔しない生き方をしたいですよね

これまで家族の世話や仕事に追われた生活をしていたなら、第二の人生は誰かのために生きるのではなく、自分主体で人生設計してみましょう。

後悔しない生き方をするために押さえておきたいポイントは以下の4つです。

  • 家庭
  • 仕事
  • 健康
  • 趣味や楽しみ

それぞれ確認して、自分らしい生き方を模索しましょう。

家庭

50歳からの人生を楽しくするためには、家族との関わり方を考えましょう。なぜなら、親の介護や子どもの独立など家族の転換期に直面する機会が増えるため、家族との関係を見直す絶好の機会だからです。

たとえば、高齢の両親に電話したり、顔を見せに行ったりする親孝行があげられます。後悔のない人生を送るうえで、大切な人と過ごす時間を作ることは大切です。

家庭においては、家事分担についての話し合いをしてみましょう。「家事は女の仕事」や「キッチンは女の城」と言われるように、家事を分担することに抵抗のある女性もいるかもしれません。しかし、家事を分担すれば自身の時間を捻出できて、家族の自立も促せるよい機会となります。

家族との関係を見直す機会をもうけ、理想のあり方を模索してみましょう。

仕事

仕事を長く続けて、社会とのつながりを持つのも1つの生き方といえます。なぜなら、厚生労働省の令和2年簡易生命表の概況によると、女性の平均寿命は87.74歳と50歳から30年以上も生きることになるからです。

スキルのなさに自信を持てない人は、パートでもいいので一歩踏み出してみましょう。収入の多寡に関係なく、自力で稼いだ事実が自信を与えてくれるはずです。

また、正社員でも職場に対し違和感があるのであれば、自分らしく働ける職場を求めて転職するのもよいかもしれません。

長く働ける環境を見つけて、社会とのつながりを持ちましょう。

健康

50代になったら、健康に過ごせる身体づくりが重要です。日々の生活のなかで、疲れやすくなったり、身体の重さが気になったりする女性が見られます。悩みランキングでは身体の不調がランクインすることが多く、50代女性の頭を悩ませているのも事実です。

とくに、45~55歳で起こる閉経のタイミングで更年期障害に悩まされる女性は少なくありません。更年期障害は、女性ホルモンの分泌が急激に減少することでホルモンバランスが崩れ、心身にさまざまな不調をきたします。

定期的な運動と健康的な食事で健康に過ごせる身体づくりをしましょう。

趣味や楽しみ

自分の時間を作って、趣味や楽しみを満喫しましょう。50代のうちから趣味や楽しみを作っておけば、歳を重ねてから「やりたいことが見つからない」と困ることはありません

1日1時間、もしくは週に1日は、自身の好きなことに没頭する時間を作ってみてください。趣味や楽しみを通じて新たな出会いも期待できます。とくにやりたいことが見つからない女性は、「挑戦してみたいことリスト」を作るのもよいでしょう。

女性が50代でやるべきこととは

女性が50代でやるべきこととは

「今後の人生を充実させる生き方を実現したいけど、どうしたらいいのだろう」と気になっている女性もいると思います。

生き生きと輝く女性になるために50代でやるべきことは、以下の3つです。

  1. 運動習慣を身に着ける
  2. 家族以外の人と交流をする
  3. 「今更」と諦めずに挑戦する

どれも素敵な50代を送るために大切な項目なので、詳しく見ていきましょう。

運動習慣を身につける

週に3日程度の運動習慣を身につけましょう。定期的な運動をすることで、身体だけでなく心も健康に保てます。

ジムへ行くことに抵抗のある人は、YouTubeを参考に初心者向けの運動から挑戦してみましょう。いままで運動習慣のなかった人は、ハードルを下げて1日5千歩を目標に歩くのもよいかもしれません。

簡単に挑戦できるレベルから開始して、運動を習慣化させることが大切です。

家族以外の人と交流をする

家族以外の人とも交流することを心がけましょう。なぜなら、家族や会社だけの閉じた世界で過ごしていると、生活に張り合いがなくなったり考え方が偏ったりするからです。

新たに人との繋がりを持てば、家庭以外で自分の居場所を作れます。また、社会との繋がりを持つことで、自分になかった考え方や視点に気付け、刺激を受けられるはずです。

趣味やボランティアの集まりに参加して、新たな出会いを作りましょう。

「今更」と諦めずに挑戦する

心ときめくものを見つけたなら、年齢にとらわれずに挑戦しましょう。せっかく「やってみたい」と興味を持ったのに、「年齢を重ねているし、今更難しい」と諦めるのはもったいないです。

たとえば、ある女優さんが50代で大学を卒業したように、大学で学び直すことは決して珍しいものではありません。また、ピアノや絵画のような趣味であれば、10年経つ頃にはスキルも向上して長く楽しめるはずです。

何事も「遅すぎる」ということはないので、まずはチャレンジしてみましょう。

まとめ

50代の女性が素敵な生き方を目指すのであれば、じっくり自身と向き合うことが大切です。

積極的に自分だけの時間を確保し、やりたいことに挑戦する前向きさを忘れないよう意識してみてください。

自分の人生をもう一度見つめ直し、素敵な第二の人生を歩み始めましょう。

編集部おすすめPR CONTENTS

新着記事NEWS