老け顔防止に顔の筋肉を鍛えよう!簡単にできる表情筋トレーニングを紹介

「あれ?顔がたるんでる!?」

「シワが増えて老けた気がする…」

と、悩んでいませんか。

そこでこの記事では、老け顔を防止する方法についてお話しします。

老け顔の原因は、筋肉の衰えだった!?

実は、たるみやシワは、筋肉が衰えてくると目立つようにります。

おでこの横じわ 髪の毛の生え際〜眉上にある『前頭筋』
眉間のしわ 眉上にある『皺眉筋』
顔全体のしわ こめかみ〜耳にある『側頭筋』
目のたるみ・しわ 目の周りにある『眼輪筋』
口元のたるみ・ほうれい線 唇の周りにある『口輪筋』

顔の形状はアンカー構造」によって支えられています。

加齢によってアンカー構造が失われると、顔がたるんでしまいます。

アンカー構造は、顔の筋肉を鍛えることで改善が期待されているので、老け顔対策には、顔の筋肉を刺激してあげるように意識しましょう。

家で簡単にできるリフトアップトレーニング

ここからは、家で簡単にできる顔の筋肉を鍛える方法を見ていきましょう。

気になる場所別にトレーニングを紹介します。

  1. 頬のエクササイズ
  2. 目元のエクササイズ
  3. フェイスラインのエクササイズ
  4. ほうれい線のエクササイズ

順番に確認し、さっそく今日から実践していきましょう。

その1.頬のエクササイズ

頬のたるみが気になる方は、笑顔のトレーニングをしてみましょう。

口角をあげて、笑顔を作った状態で10秒間キープ。このとき、目の下〜口角にかけての頬の筋肉に意識を向けて下さい。頬を中心に顔全体の筋肉を動かすことができます。

慣れるまでは、鏡を見ながら笑顔で頬上げをすると効果的です。

その2.目元のエクササイズ

目の周りが気になる方は、目をぐるぐると動かすトレーニングをおこないましょう。」

  1. 顔を正面に向け、目線をぐるっと360度動かす
  2. 3回繰り返す

たったこれだけで、筋トレになります。

つい早く目を動かしそうになりますが、上・右上・右…とゆっくりと回すことを意識しましょう。眼輪筋を鍛えることができます。

その3.フェイスラインのエクササイズ

フェイスラインすっきりさせるには、口を大きく動かしたトレーニングを行いましょう。」

  1. 「あ」と発音する口の形をしながら目を見開いて1秒キープ
  2. 「い」と発音する口の形をして1秒キープ
  3. 「う」と発音する口の形をしながら目をギュッと閉じて1秒キープ
  4. 「べー」っと舌を思いっきり顎に向かって伸ばして1秒キープ
  5. 10回繰り返す

顎までしっかり動かすため、顎・首まわりがすっきりと痩せて見えます。大袈裟に動作させることで、より大きな効果が期待できます。

その4.ほうれい線のエクササイズ

ほうれい線が気になる方は、口周りのトレーニングを行いましょう。

空になったペットボトルを用意し、以下のとおりにエクササイズをします。

  1. ペットボトルを口で咥え、形が潰れるまで息を吸う
  2. ペットボトルの形が戻るように思いっきり息を吐く
  3. 3回繰り返す

たったこれだけで、ほうれい線周りを鍛えることができます。

今は頬の重さに耐えられないほど筋肉が衰えていても、毎日続ければ筋肉がついてほうれい線の軽減に繋がるはずです。

まとめ

老け顔を防止するための筋肉の鍛え方についてご紹介しました。

たるみやシワが目立ってきたときは、気になる箇所のエクササイズから始めてみましょう。

  1. 笑顔で頬上げ
  2. ぐるぐる目のたるみ解消
  3. フェイスラインすっきり体操
  4. ペットボトル体操

どれも簡単なので、誰でも気軽に始められますよ!

毎日続けることが難しいのであれば、「週末だけ」「娘や孫と一緒に」など工夫してみて下さい。

顔の筋肉を鍛えて、若々しい素顔を手に入れてみてくださいね。

編集部おすすめPR CONTENTS

新着記事NEWS