白髪の悩みを解決?グレイヘアにする理由と方法を解説

「グレイヘアって本当にいいのかな…」

「やるとしたら何歳からがいいの?」

こんな疑問をお持ちではないですか?

グレイヘアは数年前にテレビで取り上げられたこともあり、その認知が広まり、「ありのままの自分でいられる」というポジティブな声があります。

一方で、「老けてみられる」といったネガティブな声があるのも事実。

そこで、この記事では、グレイヘアにした人たちの満足度や移行した理由などをご紹介します。

自然体でいられる?グレイヘアとは

初めに、グレイヘアとはどのような髪型かを再確認しましょう。

グレイヘアとは、白髪を染めずに白髪まじりの髪を生かしたヘアスタイルのこと。

2018年ユーキャン新語・流行語大賞にノミネートされたことで、その認知が広まりました。

グレイヘアや白髪の話題は多くの関心があるのか、さまざまな企業がアンケートを取っています。

その1つが、2020年白髪調査報告書です。

この調査によると、グレイヘア(白髪)に対するもっともポジティブな意見は「自然体でいられる」でした。

順位 男性から見た「白髪の男性へのイメージ」 女性から見た「白髪の女性へのイメージ」
1位 老けて見える 老けて見える
2位 自然体である 疲れて見える
3位 疲れて見える 自然体である
4位 地味 身なりに手を抜いている
5位 シンプル、飾らない 地味

この結果を見ると、人々のなかで「ありのままの自分を受け入れたい」という意識が広がっているのかもしれません。

男女ともにいつかはグレイヘアにしたい

「自然体でいられる」とポジティブな意見があるグレイヘアですが、実際にやってみたいと思っている人はいるのでしょうか?

2020年白髪調査報告書の調査では、男女ともに「いつかはグレイヘアにしたい人」の割合がもっとも高い結果となっています。

【質問】いつかは白髪染めをやめてグレイヘアにしてみたいと思いますか?
男性 女性
そう思う:42.9% そう思う:42.7%
どちらともいえない:35.6% どちらともいえない:28.6%
そう思わない:21.4% そう思わない:28.7%

参考:2020年白髪調査報告書

グレイヘアにしたいと思う理由は人それぞれでしょうが、やってみたいと思っている人は多いことがわかりました。

グレイヘアは老けてみえる?気になる周囲の目

実際、周囲の人はグレイヘアをどのように見ているのか、アンケートを確かめてみましょう。

人々の声で上位を占めているのは、「老けて見える」「疲れて見える」のネガティブな意見です。

その次にようやく、ポジティブな意見の「自然体である」がきています。

この結果からわかる通り、グレイヘアに対するポジティブな意見は一部で、実際にはネガティブな意見がまだまだ多いのがわかります。

1位
  • 老けて見える
  • きちんと手入れをしていればおしゃれ
2位
  • 疲れて見える
3位
  • 自然体である
  • シンプル、飾らない

参考1:2020年白髪調査報告書
参考2:主婦の友社/「グレイヘアに関する意識調査」
参考3:白髪が気になる女性は約8割!グレイヘアのイメージは?アンケート結果発表!

また、「きちんと手入れをしていればおしゃれ」も、グレイヘアへの厳しい意見が表れています。

裏を返せば、手入れの届いていないグレイヘアはただ老けて見えるだけとも読み取れるからです。

グレイヘアに憧れつつも、踏み出せない人がいる理由はここにあります。

男女でグレイヘアの印象は違う

グレイヘアに対する印象は男女で異なるのが特徴的です。

男女それぞれ、グレイヘアにどのような印象を持っているのかを見てみましょう。

表を見ると、男性のグレイヘアのほうが好意的に受け止められているのがわかります。

反対に女性のグレイヘアには、男女ともに比較的厳しい意見を持っているようです。

  ポジティブ ネガティブ
男性が思う男性のグレイヘアの感想
  • 自然体である
  • 自然なことだと思う
  • 老けて見える
  • 疲れてみえる
  • 年齢を感じる
男性が思う女性のグレイヘアの感想
  • 自然体である
  • 自然なことだと思う
  • 老けて見える
  • 疲れてみえる
  • 身なりに手を抜いている
  • 年齢を感じる
女性が思う男性のグレイヘアの感想
  • シンプルで飾らない
  • 落ち着いてみえる
  • 自然なことだと思う
  • ロマンスグレー
  • 老けて見える
女性が思う女性のグレイヘアの感想
  • 自然体である
  • 自然なことだと思う
  • 老けて見える
  • 疲れてみえる
  • 身なりに手を抜いている
  • 地味

参考1:2020年白髪調査報告書
参考2:白髪(グレイヘア)と、白髪染めに関するアンケート

とはいえ、全体を占める印象の割合としては、ネガティブな意見が多いのは変わりません。

アンケート結果を見てわかる通り、周囲の目を気にする人が多いグレイヘア

では、実際にグレイヘアにした人たちは、どのような理由で踏み出したのでしょうか?

なぜグレイヘアにする?3つの理由

実は「グレイヘアにして良かった」と思っている人の割合は約97%

とても高い満足度ですが、一体どのような理由からグレイヘアにしたのでしょうか?

以下の3つに分けて見ていきましょう。

  1. 白髪染めの手間がなくなる
  2. 自然体でいられる
  3. 髪や頭皮への負担が減る

アデランス主婦の友社のアンケート結果をもとに、それぞれの理由を詳しくお話します。

その1.白髪染めの手間がなくなる

理由の1つ目は、白髪染めの手間がなくなることです。

例えば、40代の白髪染めの頻度は、通常2〜3週間に1度はリタッチ、2ヶ月に1回は全頭を染めます。そして、この頻度は年齢を重ねれば、さらに増えていきます。

白髪染めをする度にサロンを予約したり、自分で染める場合は時間を作ったりと、白髪染めはいちいち手間がかかるものです。

実際、サロンでは約2時間前後、自分で染める場合は30分近くは白髪染めに時間がかかっているようです。

白髪染めにかかる平均時間
サロンに通う 自分で染める
  • 約2時間〜3時間:43.7%
  • 約1時間〜2時間:44.9%
  • 3時間以上:7.6%
  • 1時間未満:3.8%
  • 約1時間:37.1%
  • 30分未満:24.4%
  • 約30分:21.7%
  • 1時間以上:16.7%

参考;日刊工業新聞

グレイヘアにすると、こうした手間や時間が一切かからなくなります。

「人目を気にして白髪染めに時間を使うなら、もっと大切なことに時間を使いたい

そんな思いから、グレイヘアに移行する人がいるわけです。

その2.自然体でいられる

理由の2つ目は、すでに何度もお話している自然体でいられることです。

各アンケート結果を見ても、白髪染めをやめた人は明るい気持ちを抱いていることがわかります。

  • ありのままの自分を受け入れて前向きになれた
  • 白髪のことばかり気にしなくなり気持ちが楽になった
  • もやもやした気持ちが吹っ切れてスッキリした

「老けたと思われたくない」

「手抜きと思われないようちゃんとしなきゃ」

周囲の目があるから、仕方なく白髪染めをしている人もいるのではないでしょうか。

グレイヘアへの移行は、単に白髪染めの手間がなくなるだけではありません、

周囲の目を気にしていた自分から、ありのままを受け入れるためにも考えて生きましょう。

その3.髪や頭皮への負担が減る

理由の3つ目は、髪や頭皮への負担が減ることです。

白髪染めのカラーリングは、髪や頭皮にダメージがあります。

白髪染めしているときに、頭皮が痛くなったりかゆくなったりしたことはないでしょうか?ダメージを受けると髪がパサパサになったり、頭皮にかゆみやかぶれが発生したりする可能性も。

人目を気にして始めた白髪染めなのに、その影響で見栄えが悪くなってしまっては本末転倒です。

なので、髪や頭皮を痛めてまで白髪染めをやる必要はないと、グレイヘアに移行する人たちがいるようです。

グレイヘアは自分のしたいタイミングで良い

何歳くらいにグレイヘアにしたら良いのか、悩みますよね。

その答えはズバリ、自分のしたいタイミングです!

グレイヘアにしたいと思うきっかけは、人によってバラバラ。グレイヘアの意識調査を見ると、白髪染め・グレイヘアともに、さまざまな声があります。

  • 周囲の目が気になってスタートできない
  • まだ若すぎるのではとためらっている
  • 家族や友人に反対されて考えている など

若く見られたい思いから白髪染めをする人がいれば、自然体でいたい気持ちからグレイヘアを選択する人も。

つまり、グレイヘアに移行したい時期は人によって異なるとも言えます。

「もう人の目を気にしていたくない」

「白髪染めの時間が無駄すぎる」

こんな風に思ったときが、あなたにとってのグレイヘア移行のタイミングと言えるでしょう。

グレイヘア移行の目安!多いのは50代と60代

グレイヘア移行の目安は50代〜60代です。

グレイヘアに移行した人たちの割合では、この年代が多い傾向にあります。

なぜ50代〜60代に移行する人たちが多いのでしょうか?その理由は、主婦の友社の「グレイヘアに関する意識調査」から見えてきます。

50代〜60代の人たちが、グレイヘアに移行した理由を見てみましょう。

  • 年齢的に白髪染めを止めても良いと思った
  • 実年齢に抗わない時期と思った
  • 元気なうちに白髪染めを卒業して颯爽と過ごしたかった

このように年齢を理由に白髪染めをやめ、グレイヘアに移行している人が多くいます。若いときは、誰しも老けて見られたくない思いが強いもの。

年を重ねることでその思いが次第に薄れ、今度はありのままの自分を受け入れたい思いが強くなるのではないでしょうか。

そのタイミングが50代〜60代に多いようです。とはいえ、この結果はあくまでも目安でしかありません。

50代〜60代に移行する人の割合が多いだけで、これより早くても遅くてもあなたの自由です。周りに流されるのではなく、自分のしたいタイミングでグレイヘアにしてみてください。

グレイヘアの作り方は?移行の方法

ここからは、グレイヘアの作り方を見ていきましょう。

まずグレイヘアの移行にはおおよそ1年の時間を必要とします。白髪染めをやめて、髪が生え変わるのにそれだけの時間がかかるからです。

ただし、髪が生え変わる間、何もせずに待っていれば良いわけではありません。

移行期間は染めている髪と白髪が混在しているため、何もしていないと悪目立ちしてしまうわけです。

そうならないよう、以下2つに分けて移行方法を紹介します。

  1. 自分で移行する
  2. サロンに協力してもらう

しっかり調整して、移行期間を楽しく乗り切りましょう!

(1)自分で移行する

まずは自分で移行する場合を見ていきましょう。

髪の生え変わり具合を見つつ自分で調整していかなければなりません。以下のアイテムを使うのがおすすめです。

  • カラートリートメント
  • ヘアマスカラなどの一時着色料

カラートリートメントは、毎日使うことで徐々に髪色を変化させられる染料です。

お風呂でシャンプーの後に塗るだけなので、それほど手間もかかりません。染めているところと白髪のコントラストを薄めるよう、調整してみてください。カラートリートメントは使用をやめれば、徐々に元の髪色に戻ります。

また、ヘアマスカラなどの一時着色料もおすすめです。

その名の通り一時的に髪色を変えるもので、使用後はシャンプーで簡単に洗い流せます。必要な箇所にブラシなどで塗るだけなので、日々のトリートメントが面倒な人は一時着色料を使いましょう。

ちなみに、カラートリートメントも一時着色料も、通常のカラーリングより髪や頭皮に優しいアイテムなので髪のダメージが気になる人も、安心して使えます。

(2)サロンに協力してもらう

サロンに協力してもらって、移行期を乗り切る方法もあります。

どうしても自分でやる場合は手間がかかるので、上手く調整できるか不安という人もいるはずです。

そんな人はサロンに協力してもらいましょう。今はグレイヘア移行を助けてくれるサロンが多くあります。

サロンによりますが、料金は1回あたりおおよそ5,000円〜10,000円。自分でやるよりお金はかかりますが、プロの技術で移行期も素敵な髪型に仕上げてくれるはずです。

自分で調整するのに自信がない人は、プロの力を借りましょう。

グレイヘアは完成後の手入れも大切

グレイヘアは移行して終わりではなく、移行後の手入れも大切

キレイナビのアンケート結果では、グレイヘアは「手入れをしていればオシャレ」という意見が多いからです。

ありのままの自分を受け入れるとはいえ、やはり周りから素敵と思われるに越したことはありません。ホーユーの調査でも、白髪は黒髪よりも水分量が少なく乾燥しやすい傾向にあることがわかっています。

そのため、何も手入れをしていないとパサパサ髪になってしまうかもしれません。手入れには、グレイヘア用のカラートリートメントなどを活用するのがおすすめです。

自分だけでなく、周りからも素敵と思われるグレイヘアを目指しましょう

まとめ

ここまでグレイヘアについてお話しました。

まだまだ厳しい意見の多いグレイヘアですが、移行した人の満足度はとても高いです。

「人の目を気にして白髪染めをしたくない」

と思っている人は、ぜひ検討してみてください。

すでに実施した人たちと同じように、ありのままの自分を受け入れて前向きな気持ちになれるはずです。

編集部おすすめPR CONTENTS

新着記事NEWS